前へ
次へ

収納をしっかり確保した家造りをする

住宅内で住むときにはいろいろなものを使います。
最近はミニマリストと言って限りなく物を減らした生活をしようとする人もいます。
ただあまりものを減らし過ぎると生活に不便を感じやすくなるので、生活に必要なものを自宅に置いたほうがいいかも知れません。
ではそれらの物をどこに収納するかです。
注文住宅を建てる時には間取りなどの希望を伝えますが、つい忘れがちなのが収納スペースのようです。
リビングや寝室をどう使いたいなどは分かっても、どこにどれくらいの収納を作ったらいいのかなどがわかりません。
いざ完成したら収納が足りなくて、居室に物が散らかって仕方がない状態になるときもあります。
収納に関してはいくつかのタイプがあり、間取りなどの設計段階から組み込む必要があるものと後付けできるものがあります。
押し入れやクローゼットなどは設計段階で組み込む必要があります。
キッチンなどだとシステムキッチンに棚などがセットになっているので、それを後付けすれば収納が確保できたりします。

Page Top