前へ
次へ

注文住宅やリフォームは業者任せにしない

注文住宅は一から自由に住宅を作ることができます。
リフォームは現存の住宅の一部を取り換えたりしてやはり自由に住宅造りができます。
かといって依頼側が建築の知識などを持っていることは少なく、自分たちで実際に設計をするわけではありません。
ある程度の希望を伝えてそれを元に専門家が設計をしてくれます。
業者は一応希望を聞いてくれますが、あまり細かいところまで聞いてこないときもあります。
その時は標準的に選ばれている設備や間取りなどを業者の判断で取り入れて設計や見積もりに反映しています。
大まかな希望は聞いてもらえているが、いざ住んでみると住みにくい家になっている可能性もあります。
注文住宅などではまずは希望をしっかり伝え、その希望が叶う設計をしてもらいましょう。
さらにその設計の内容をきちんと確認しましょう。
業者が勝手に付け加えている無駄な設備がないか、間取りを勝手に変えられていないかなどを確認して、無駄な部分があるなら修正してもらいましょう。

Page Top